防犯カメラを簡単に設置する方法とその対策

割れにくい素材

modern home

防犯ガラスの特徴とは

近年、住宅に泥棒が入るケースが増えています。そういった事から、防犯の意識が高まりリフォームで防犯ガラスを設置する住宅が増えている現状です。 ここでは防犯ガラスの特性やメリットなどについて記述します。まず防犯ガラスとはどういったものなのかというと、ガラスの特徴としてあわせガラスになっているのです。ガラスとガラスとを重ね合わせてあるのですが、中間にフィルムをはさんであるのです。車のガラスもこのあわせガラスです。 防犯ガラスの特徴としては、割れにくいという性質です。そしてもし割れたとしても、ガラスの破片が飛び散るような事はないので安全性も高いです。あわせガラスの中間にはさむフィルムの素材を厚くしたり、強力なものにする事によりより防犯性を高めることが可能です。

防犯性を高めるとめに必要なこと

防犯ガラスはあわせガラスですが、断熱性能を高めたあわせペアガラスという商品もあります。これはペアガラスの片方か両方にあわせガラスを使用することによって、防犯性を高めた上で更に断熱性も高めたものです。 こういった商品はよりいっそう防犯性が高い商品として注目をあびている現状です。いくら防犯性が高く割れにくい防犯ガラスといえども、割ろうと思えば割ることが可能です。しかし、泥棒が割るのにかかる時間は他のガラスに比べてはるかに時間がかかり、泥棒は時間がかかるのを嫌い、防犯ガラスを避ける事がほとんどです。 ガラスを割って侵入するのに5分以上かかるのを嫌うという統計がでています。防犯性を高める上で、泥棒は窓が侵入してくる可能性が一番高いです。つまり窓の防犯性を高めることが一番重要になるのです。